2013年07月
[夢を売る旅行会社]の秘密!!  夢繋がり編  (2013.7.24[Wed])

私が[某旅行会社]に勤めていた頃に先輩から口癖のように言われたのが[旅行会社は夢を売る会社だ!それを誇りに持って仕事をしろ!!] と言う[言葉]でした。

ふう〜ん、だったら[添乗員]は[夢先案内人]か?、と質問したくなりましたけどね、
時代は変わっても[旅行]は庶民の[夢]なんですよね、笑。


で、それはともかく、笑、

[サマ-ジャンボ宝くじ]が発売されましたね、今回は[1等賞金5億円]とテレビCMで[夢]を煽(あお)っていますね??
→正確には1等3億円、前後賞の1億円を合わせての額です。

で、今回は[旅行]とは関係無いんですけど、お互い[夢繋がり]と言う事で宝くじの[秘密]を教えましょう、笑。

[旅行好き]な[あなた]は[宝くじ]は買いますか?

では庶民の[夢]を託された[公営宝くじ→正確には(公営)を付けるのです]の売り上げ金は、一体全体どこでどう使われて我々庶民には、どの位の[額]が払い戻されているのでしょうか?
その内訳話をしましょうか、!(^^)!

まず、[売り上げ金]の使われ方ですけど、一番気になるのは[当選金]の払い戻し金ですよね、それが、ななな何と、たったの[46%]なんです。

→[旅行好き]で[宝くじ好き]のあなたの[夢]を覚まさせてしまったら御免なさいね、でも[事実]なんです、(^^ゞ

これは他の[(公営と言います)ギャンブル]である[競輪、競馬、競艇]の払い戻し金が[75%]に比べると滅茶苦茶[低い数字→払い戻し金がです]なんですよね。

→分かり易く言えば[100円]の券を買った場合[公営ギャンブル]は[75円]が[払い戻し金]に使われますが、
[公営宝くじ]は、[半分以下]の、たったの[46円]しか払い戻し金に使われていないのです!

[75円]と[46円]、その差は歴然ですね。

残りは発売元(後で説明しますが地方自治体です)に[40%]、それに発売事務と宣伝費が[14%]などとなっています。

[宝くじ]の発売元は都道府県や指定都市などの[地方自治体]です、だから先程言った売り上げ金の[40%]は途方自治体の[収益金]になるのです。

まぁ、使い道はほとんどが[公共事業]です、
これはこれで[人の役]にたっているので良いですけどね、笑。

勿論、[自治体]が発売元になっていると言っても、[宝くじ]がお役所の[窓口]で売っている訳でありません、 
って誰でも知っていますよね、笑、

[宝くじ]の発売の事務手続き一切を行うのは、[自治体]の委託を受けた[銀行]なのです。
→現在は[みずほ銀行]の独占状態です。

銀行は発売元(地方自治体)の定める[発売計画]に従って、宝くじの[図柄の選定、広報、売りさばき、抽選、当選金の支払い]等の事務手続き[全般]を行っています。

その[事務手続き]の経費に売り上げの[14%]が充てられています、この数字が多過ぎる、と思っているのは[私ひとり]だけでしょうか???

この中にはテレビのCM料金(木拓の出演料ですね)や[宝くじ]を実際に売る人の[販売手数料]も当然含まれています。

[宝くじ]の売り場と言うのは、銀行の他に[総務省]の認可を受けた[個人事業者や、たばこ組合、JRの売り場]等がありますが、全部の合計の売り場は全国に[1,2000ケ所]もあり、[一売り場]の平均売り上げは[年間約9,000万円]もあるのです。

この金額を多いと見るか少ないと見るかは[あなた次第]です、笑。

では気になる[販売額]の内、販売者に入る[販売手数料]はどの位いなのでしょうか?
(早い話しが宝くじ売り場の、おばさんに入るお金です)

この場合、[くじの種類]によっても多少は違うようですが[元添乗員]の調べによりますと、[100円の券で7,7円位い]のようです。

これは先程言った、[一売り場]の年間の平均売り上げが[約9,000万円]ですので[年間約693万円]の収入ですね。

この不況時代、[サラリ-マンの給料]と比較しても悪くない[収入]ですよね。

そして宝くじ好きの[あなた]が一番気にしている、何処の売り場が一番[当選確率]が高いか?
ですけど、これは……まったく分かりません、笑。

→サイコロの目が99回連続で[1→ピン]を出しても100回目の[1→ピン]の出る目(確率)は何の変化もない[1/6→6回に1回だけ]なんですよ!

よく[1等]が出る[銀座チャンスセンタ-]が有名ですけど、此処の[宝くじ]の売り上げ高を知っていますか??

ななな何と、我が[山梨県]の売り上げと[ほぼ同じ]なんです、

ね、[売り上げ]が多いだけで、けっして此処の[当選率]が高い訳ではない事が分かったでしょう、笑。


どうですか、[旅行好き]で[宝くじ]も好きなあなたは[木村拓也]が[CM出演]しているけど[払い戻し金]の少ない今回の(も)[サマ-ジャンボ宝くじ]を買いますか?

それとも買わないですか?

それはどちらでも[あなた]の勝手です、笑。


[私が行ったツア−]の秘密!!  四国後編  (2013.7.10[Wed])

前回の続きです、(^^ゞ

次は[金刀比羅宮]の参拝です→通称は[こんぴらさん]ですね。

でも此処は[海の守り神様]なんですよね、山梨は[海無し県]なので余り[縁]はなさそうですけどね、笑。

そして此処の石段は奥社まで[1,368段]あるのですが、我々は本宮までの[785段]を目指します、

何しろ[785]の石段を上って[御本宮を参拝]すると[一生悩まない]と金比羅山専門の[ガイドさん]が言っています、

だって[786段の手前→786(ナヤム)段の一歩手前は785段]ですので、ハハハ、[ガイドさん]に座布団一枚を上げますか?、笑。

しかし、この石段は[きつかった]ですねぇ、(^^ゞ

まぁ今夜の宿泊は、この金比羅山の地元の[琴平温泉]ですので疲れは取れますけどね、→この日の[バス移動距離は120`]でした、まぁまぁ納得の距離です、!(^^)!


2日目は[ホテルをチョッピリ早く]出発して[小歩危〜大歩危]の渓谷美を見ます、此処(大歩危の方です)は四国の観光写真の定番の場所です。

そして2時間ほど[バス]に揺られて[日本最後の清流]と言われている[四万十川遊覧(屋形船)→別料金]の観光です、駐車場からは[船]に乗り込みます、

→ここで[元添乗員]から[旅行好き]の[あなた]に質問です、
なぜ[四万十川]は[最後の清流]と言われるのでしょうか??

答えは四万十川には[ダム]が無いからです、日本に、これ以上の[ダムはムダ!!]、

これから先も[四万十川]には永久に[最後の清流]を保ってほしいと節に[元添乗員]は願っています。

で、私は[釣り]をしませんが、この仲間は[釣り人]が多いので此処は皆さん楽しみにしていた所なんです…でも雨は[本降り状態]ですよ〜、(^^ゞ

この[屋形船]の船頭さんの[ユ-モア]たっぷりの説明と四万十川の伝統漁法である[柴漬漁と投網漁(土佐打ち漁)]の演技を見て皆拍手!!、これは[大満足]の遊覧でした。

その後は休憩を兼ねて[宇和島真珠会館]と[白壁の内子街並み]を散策しました。

しかし山梨では[真珠養殖]と言うと三重県の[伊勢志摩]を思い出しますけど生産量日本一は[宇和島]なんですってね、

[旅行好き]で真珠好きな[あなた]は知っていましたか?

そして宿泊は[私が]楽しみにしていた[道後温泉]です、此処は夏目漱石の小説、[坊ちゃん]で有名ですね。

実は[元添乗員]も四国は何回も来ていますが(確か6回目)、[道後温泉]に泊まるのは初めてなんです、通過は[何回も]ありますけどね、(^^ゞ

→山梨からだと[コ-ス的]には[高知泊り]が多いんです、その為に今回は[はりまや橋と桂浜]の観光はありません。

まぁ、[2泊3日]の旅行ですから、どちらを取るかは[あなた次第]です、笑。

で、[道後温泉]を取った私達、この日の[バス移動距離400`]でした、ちなみに、この距離は [山梨〜京都] 間と同じです[チョット]疲れました、(^^ゞ


最終日は15時まで[自由行動]です、しかも天候も[晴れ]です、笑。

我々は[ホテル.チェックアウト]を10時にして(これがギリギリの最終時間、笑)
[道後温泉街]を散策します。

道後の商店街は[ハイカラ通り]と呼ばれていまして[からくり時計]などもあり結構楽しめますよ、でも[ハイカラ]って言葉、今では完全に[死語]ですよねぇ、笑。

此処の[ハイカラ通り]で皆さんそれぞれ[土産]を買った後は、今回の旅行の[メイン]でもある[道後温泉本館→通称、坊ちゃんの湯(写真参照)]に皆で入浴します、

1時間の入浴と大広間休憩(お茶と菓子付き)で[800円]です、(入浴のみは400円)

[道後温泉街]を十分堪能して[松山城→別料金]を見て帰路は松山空港からJAL1476便にて無事に[羽田空港]に着陸しました、

[飛行機]に慣れていない皆さん、一様に[ホッと]しています、笑。

[羽田空港]では皆、[土産]を持っての移動ですけど川崎の[駐車場]までは空港から[無料送迎付]きなので楽なもんです。

結果として[格安旅行]特有の早朝出発の遅い帰宅と今回は[天候]を除けば、笑、
[大満足]の旅行でした。

どうですか[旅行好き]の[あなた]、[四国旅行]に出掛けてみませんか(高知泊まりか道後温泉かの選択に注意して)、

勿論、行くも行かないも[あなたの勝手]です、笑。


[私が行ったツア−]の秘密!!  四国編  (2013.7.2[Tue])

前回に続いて私の[体験ツア-物語、四国編]です、!(^^)!

今回は[同級生の男だけ]で行って来ました、→これを山梨特有の[無尽旅行]と呼びます、笑。

この[同級生旅行]は今年で、なななんと[36回目]になるのですけど、なぜか毎回、[雨]なんです、

そう[36回全部雨]→晴れた日もあったんですけど、[夕立とか一時雨]とか、とにかく必ず[雨]を見てます、(^^ゞ

そう、私達の会長が[雨男]なんです、そんな訳で今回も[記録更新]を果たしました、まぁ今回は[時期]も悪かったので最初から皆あきらめていましたけどね、笑。

そんな訳で今回は[四国縦断ツア-]に行って来ました、勿論、羽田空港発着の[格安ツア-]です。

結局の所、東京発着の[格安ツア-]に参加するかは東京駅(新幹線利用ツア-の場合)か羽田空港(今回のように飛行機利用ツア-時)まで自分達で行けるかどうかが[決め手]なんですよね、

地理的に疎い人は諦めて下さい、そう言う人は[チョット高い]けど→[元添乗員調べ]、[山梨発着ツア-]を見つけて行って下さい。


で、今回の[コ-ス]ですけど、

羽田空港〜徳島空港〜鳴門公園(渦の道オプション)〜金比羅宮(ことひらぐう)と読みますが通称は金刀比羅宮(こんぴらさん)〜こんぴら温泉(泊)

ホテル〜小歩危峡〜大歩危峡〜四万十川遊覧(オプション)〜宇和島真珠館〜内子護国の街並み〜道後温泉(泊)

ホテル〜15:30まで自由行動〜松山城(オプション)〜松山空港〜羽田空港

当然、前回同様に[早朝出発]で[昼食もオプション]です、笑。


我々は[マイカ-2台]にて深夜の出発です、(^^ゞ

予約してあった川崎市浮島の[有料駐車場]に到着、川崎の[有料駐車場]と言うと羽田空港(東京都大田区)から離れているように感じますが時間的には[車で10分の距離]です、
[送迎付き]ですので[空港前の駐車場]より安いし便利ですので[元添乗員]は、いつも利用しています。

[集合時間]より大分早い到着ですけど前回話した通り[集合時間]に遅れると[全てがパ-]になるので仕方ありません。

羽田発JAL1431便で徳島空港に着きました、天候の割には揺れが少なかったので[飛行機恐怖症]の皆さんは[ホッと]しています、笑。

ちなみに四国の空港は観光宣伝上手で[徳島空港→阿波踊り空港、高知空港→龍馬空港]の別名があります。

最初の観光は[鳴門公園]ですけど此処は時間帯が悪く[大渦潮]は見れませんでした、(^^ゞ
ちなみに[大渦潮]は1ケ月に2回、[満月と新月の日]に見れますよ、
そして[別料金]でしたけど鳴門海峡の上を歩く[海上散歩→渦の道]は、お薦めです。

この続きは[後編]に書きます、笑。


赤帽八木トラベル便[日記] Powered by HL-imgdiary Ver.3.03