2013年01月
[人気ツア-]の秘密!!  [アクシデント]編  (2013.1.7[Mon])

いつも私の[ホ-ムペ-ジ.旅行の秘密]を御覧戴いています皆さま、

[明けましておめでとうございます!!]

去年は[諸事情→私ごとで]更新が遅れまして誠に申し訳ありませんでした(^^ゞ

その分、今年はマメに[更新]することを誓います、→予定です、笑。

さて[年末年始]はカレンダ-の並びが良くて[9連休]の会社が多かったようですね、

その為に近年は参加数が少なかった[欧州→ヨ-ロッパ]が大人気となりました、
→写真はフランス.パリの[凱旋門]

領土問題もあり[韓国や中国]は敬遠され、特に[中国]は前年比[25%ダウン]と言う不人気でした、

まぁ、これは仕方ないかも知れません。

こう言う[海外旅行]は個人で行くのも勿論良いと思いますが、大体の人は[パックツア-]で行く人が多いですよね、

価格も安いですし[旅行コ-ス]も設定されていて何しろ[添乗員]付きで[安心で楽]ですからね、笑。

しかし、この[パックツア-]にも落とし穴があるのです!!

前にもチョット言った覚えがありますけど、海外国内旅行を問わず、どの[パックツア-]も集合時間の[絶対厳守]が大原則なのです。

たとえば、

楽しみにしていた旅行当日の朝[それは格安ツア-旅行→そうですよね、笑]、
目覚まし時計は鳴ったか?鳴らなかったか?、

いや、それはこの際関係なく、今から着替えて家を出ても絶対間に合わない!!

え〜、こんな時はどうしたら良いのでしょうか???

それは…どうしょうもありません!!!
[元添乗員]にも助けようがありません、笑、

[国内バスツア-]の場合の集合時間は出発時間の[20分前]が基本です、

その[出発時刻]に[あなた]の姿が見えなければ、[ツア-バス]は無情にも出発してしまいます、

まぁ[添乗員]が武士の情けで[10〜15分位]は待ってくれますけど、それが限度です、

これは、その[ツア-に参加する]他のお客様の迷惑になりますので仕方ありません、

ちなみに[ツア-途中]の集合時間の[遅刻]なら周りを捜してくれますけどね、これは[元添乗員]も経験があります、笑。

旅行会社によっては、この[集合場所]が[空港]の場合がありますが、この時は余裕を持って[50分前集合]が基本になります。

まぁこの場合[旅慣れた人]なら飛行機出発時間の[15分前→手荷物が無い場合]でも間に合いますけどね、
→でも真似はしないで下さい、[時間厳守]で御願いします。

どうですか[旅行好き]な[あなた]、[あなた]は[旅慣れ]してますか?

まぁ[好き]と[慣れ]とはチョット違いますけど、これも[場数]の問題ですかね、笑。

それでも山梨の[バスツア-]はチョッとチョッとだけですけど、(^^ゞ

[田舎]と言うこともあり[ツア-バス]が各地区を回ってくれます→○○ツア-は[あなたの町]から出発します!

が、[キャッチフレ-ズ]の某旅行会社です、これって都内では絶対ありません、笑。
でもそれでも遅刻は[20分]が限度と思って下さい。

これまで待っても[乗り遅れ]たら[ツア-料金]は100%没収です!!
早い話が[お金]は戻って来ません!!


でもこれが[海外ツア-]では、もっと[悲惨]な目に遭いますよ!!!

[集合時間]に遅刻したら…それは[旅行会社]が何らかの方法で再合流が出来るように手配はしてくれますが…

でもどの[ツア-]の場合でも往復の飛行機(新幹線も)は[団体乗車券→通称団券]を使用しているのです。

これは[搭乗機]を指定していると言うことです(新幹線も)→だから[格安ツア-]が出来るのですけどもね!

だから、乗り遅れると搭乗機は後便の[通常料金]になります、

実はこれが[半端の料金]ではないのです!!

[海外ツア-]の場合は帰りの片道チケット(だけ)が[ツア-料金の2〜5倍]なることです、

→たとえば、某海外の格安ツア-が[29,800円]が→片道チケットだけで[79,800円→以上]になることは当たり前なんです。

上記の場合は出発時間の遅刻なら[29,800円]をあきらめれば良いだけですが、現地出発の遅刻は[79,800円]を支払わなければ[帰国出来ません]からね。

だから海外での現地出発に遅刻したら…
困るのは、それが[病気や怪我]でも関係無いと言うことです!!

文字通り[海外ツア-]で現地での出発は[雨が降っても槍が降っても]遅刻は厳禁なのです、笑。

次回は去年問い合わせがあった→と言っても、そんなに多数ではありませんけど、(^^ゞ
[宿泊費の明細]の話しです。


そして山梨では昨年の12月に[上り中央道笹子トンネル内]で、起きてはいけない[落盤事故]が起きてしまいました。

この事故で亡くなった方の[御冥福]をお祈り致します。

当[ホ-ムペ-ジ]でも、この[トンルル事故]については次次回以降で詳しくお話ししたいと思っています。


赤帽八木トラベル便[日記] Powered by HL-imgdiary Ver.3.03