2011年11月
[私が行ったツア−]の秘密!! 北海道、道南編  (2011.11.16[Wed])

私ごとですが家族で[北海道旅行]に行って来ました、勿論、[格安ツア−]ですけど、!(^^)!
→[格安ツア−]の話しは前回の[格安航空券の秘密]を御覧下さい。

コ−スは、
羽田空港→新千歳空港〜札幌〜小樽〜北湯沢温泉(泊)

ホテル〜昭和新山(熊牧場)〜洞爺湖〜大沼公園〜昆布館〜函館夜景観賞〜湯の川温泉(泊)

ホテル〜函館朝市〜五稜郭公園〜函館ベイエリア〜トラピスチヌ修道院〜函館空港→羽田空港 

でした、上記のコ−スは[北海道三都物語と言い修学旅行コ−ス]なのです、笑、

[元添乗員]的には[北海道は、でっかいどう]を体験したいのなら[道東コ−ス]をお薦めします。
→道東の話しは今年2月10日の[土産のマリモ編]、2010年11月1日[私が行った北海道編]、2010年2月22日と2009年6月16日の[霧の摩周湖編]を御覧下さい。

新千歳空港に到着してバスにて札幌に向かいます、そして札幌では[小樽観光]に行く息子夫婦達とは別行動を取りました。

我々の札幌での自由時間は[4時間以上]ありましたので、まず集合場所でもある[札幌テレビ塔]に登りました、
札幌市内が一望出来ますが、すぐ脇にある[札幌時計台]はビルの陰になって見えません、笑、

仕方ないので歩いて[時計台]に向かいます。

札幌市内観光の[定番]であるテレビ塔や時計台、旧道庁庁舎は、ほとんどが[車窓]です、
北海道旅行を経験した[旅行好き]な[あなた]も[車窓]だったでしょう、笑、
実際に徒歩で行くのが[元添乗員流の観光]です、!(^^)!

そして[時計台]から、やはり徒歩で向かったのは札幌市民の台所である[二条市場]です。
ただし札幌市内には[場外市場]もありますので、お好みで向かって下さい、
ちなみに息子達が行った小樽市には[三角市場]があります。

此処で土産用の[タラバガニ→似ているアブラガニに注意して]を宅配で送りました→勿論、値切りに値切ってです、笑。

この後、札幌の[地下鉄]に乗りまして銘菓[白い恋人]の本社工場の[白い恋人パ−ク→石屋製菓]に向かいます。

→札幌の地下鉄の特徴は車輪が[ゴムタイヤ]です、この為[騒音]が抑えられて驚く程[静か]な走行です。

また忘れ物防止の為に[網棚]もありません、まぁ乗車区間が短いこともありますけど、乗車時は気を付けて下さい。

その地下鉄に乗って[白い恋人パ−ク]に着きました、乗車料金は[1人280円]です、
此処は工場見学や菓子作り体験が出来ますが[入館料500円]が掛りますので注意して下さい。

帰りは奮発してタクシ−でテレビ塔に戻ります、タクシ−料金は[2,500円]でした、→4人乗って1人単価なら割安です。

ここで小樽に行った息子達のバスと合流して宿泊地である[北湯沢温泉]に向かいます。
[ホテル]の大風呂で疲れを取って夕食はカニ付きのバイキングです。

ちなみにカニ付きは1,800円の追加料金になりますが、やっぱり北海道は[カニ]ですよね、笑。
→[元添乗員]の忠告として[ホテルのグレ-ドアップ]は必要ありませんが[料理のグレ-ドアップ]は必要です、!(^^)!

2日目はホテルから近くにある[昭和新山]に行きました、
此処には有名な[熊牧場]がありますので[別料金]ですけど当然入園します。

ここの熊は成長に応じて幼稚園から高校生までの[檻]で区別されていますが、熊餌用のリンゴを[300円]で買って[高校生熊、笑]に投げてやれば上手な[パフォ−マンス]を見せてくれますので、これは必見です、
[幼稚園熊]にやっても可愛いですけどね、それは好みで、笑。

次の観光地は[大沼公園]です、紅葉の時期にはチョット遅かったですが[真っ赤なモミジ]は綺麗でした。

ちなみに此処は[千の風にのって]のモデル地で[石碑]もありました、知らなかったですねぇ。

バスは土産の買い物の為に[昆布館]に寄ります、笑、
此処は[昆布資料館]もありますので時間があれば見学も良いと思います。
私は(多分)北海道にしかない[昆布焼酎]を買いました、勿論、土産用??です、笑。

バスは2日目の宿泊は函館の[湯の川温泉]に向かいますが食事の前に[夜景観賞]があるので荷物だけホテルに置いて[即再出発]です。

ととと所が何と言う[不運]でしょうか、この日は函館山の[ロ−プウェイ]が定期検査の為に[休業]だって、(^^ゞ
→[ロ-プウェイ]の面白話しは2009年4月28日の[ロ-プウェイの秘密]を御覧下さい、笑。

やっぱり函館山に向かう一本道の道路は大渋滞です、約40分の渋滞で、やっと函館山の駐車場に到着です。

でも前回(15年前)と違って今夜の[夜景]は綺麗です、前回は真夏の最中で空気が淀んでいて時間も遅かったから[光量]が少なかったのかも知れませんね。

函館山からの夜景は、左右が海に挟まれている為に[夜景が浮き出て見える]のです、
それが[日本三大夜景→世界三大夜景です]に選ばれる理由の一つです→写真参照。

ちなみに函館の[夜景の日]は語呂合わせで8月13日です。
これは[や.け.い→やは8、けいはK→トランプのキングで13]、上手なネ−ミングですね、笑。

また不幸にも天候不順で[夜景]を見れなかった人は函館市内で使い捨てカメラ[写ルンです]を買いますと1枚目に[函館夜景]が写っています、
現在は[デジカメ全盛]の時代ですが覚えておいて下さい。

所で、この夜景観光の費用は[1人2,000円]です、我々4人ですので[合計8,000円]でした、これって高いですよね、
4人いれば[タクシ−]の方が安いです、これは今回の反省点です。

湯の川温泉での夕食も[バイキング]です、今回は[追加オ−ダ−]に幻のエビと言われる[ブドウエビ]を注文しました、
美味しかったです、!(^^)!

ちなみにエビは[海老]と[蝦]の字がありますけど[旅行好き]で[グルメ]な[あなた]は、この違いは分かりますよね、笑。

3日目はホテルから[函館朝市]に向かいます、私としては此処で時間がほしかったのですけど今回飛行機の時間が早くて時間がありません、う〜ん残念、[格安ツア−]だから仕方ないか、笑。

次の[五稜郭公園]は前回も行きましたけど[五角形]を確認出来ませんでした、
今回、[新五稜郭タワ−]に登って初めて[五角形]を確認出来ました、笑。

函館ベイエリアは横浜レンガ倉庫街と似ています、時間が早くて閉店の店が多かったのが残念でした。

最後の観光地は[トラピスチヌ修道院]ですけど、駐車場から離れていたり途中で小雨が降り出して散々でしたよ、笑。

こうして今回の[北海道三都物語の旅行]は終了しました。

札幌では名所を[車窓]ではなく、実際行ったのが良かったですけど今回、北海道名物の[ジンギスカンや(札幌味噌と函館塩)ラ−メンや今流行りのス−プカレ−]を食べれなかったのが反省点です、そうそう函館朝市での[イカソ−メン]も食べれませんでした、(^^ゞ

どうですか、[旅行好き]な[あなた]、

北海道旅行は今回私達が行った[道南の三都物語]が良いですか、それも[格安ツア−]で?

それとも雄大な[道東コ−ス]にしますか?

それはどちらでも[あなた]の勝手です、笑。


赤帽八木トラベル便[日記] Powered by HL-imgdiary Ver.3.03