2010年11月
[私が行ったドライブ旅行]の秘密!! 天橋立編  (2010.11.24[Wed])

私ごとですが、仲の良い仲間達と一緒に[日本三景の一つ]、[股のぞき]で有名な[天橋立]に行ってきました、!(^^)!

[天橋立]は、本来なら7月に某○売旅行社の[ツア−]で行くはずだったのですが、その時は人数が集まらず、
仕方なく同日出発の[立山アルペンル−ト]に、なった経過があります。
→この話は今年の7月25日の日記、[私が行ったツア−の秘密]を御覧下さい。

そして、なななんと今回も[旅行会社]は違いますが、またもや参加者不足で[ツア−キャンセル]になってしまいました、

山梨の人は[天橋立]が嫌いなのでしょうか。(^^ゞ

 [こうなれば自分達で行くしかない!!]

と決めまして[ツア−]で行くはずだった同じ日に(→すでに予定していたので) [ドライブ旅行]を決行しました。

出発が同じ日なので、[ツア−で宿泊予定だったホテル]を、そのまま使いまして(その旅行会社に依頼して)、行って来ました。

→ただし、宿泊費は[ツア−で予約していた価格]より、少し高めになりました、これは仕方ないですね。

でも、この辺の[テクニック]は、さすが[元添乗員]でしょう、笑。

今回は[ドライブ旅行]でしたので当然のこと[地図]を持って行きました。
→この[地図]の話は前回の日記、[地図の秘密]を御覧下さい、笑。

コ−スは、

山梨〜中央道、名神高速、北陸道〜小浜(オバマ大統領を支援して話題になった市で、箸も有名)〜伊根の舟屋遊覧〜天橋立(モノレ−ル)〜笠松公園〜宮津、湯らゆら温泉(泊)

ホテル〜智恩寺(3人寄れば文殊の知恵で有名な寺、近くの廻旋橋や石の知恵の輪灯篭も有名)〜レンガ博物館〜舞鶴港(二葉百合子の岸壁の母♪のモデル地)〜敦賀おさかな市場〜逆コ−ス〜山梨

まぁ、[このコ−スはツア−と、ほとんど同じ]です、笑、

と言うか、1泊2日で行けば[天橋立コ−ス]は、誰が行っても大体同じ[コ−ス]になります。

[元添乗員]的に言えば、この辺りは[天橋立]以外に[メインになる観光地]が無いのです!!

だから人気が無くて[ツア−キャンセル]になるのかも知れません、同じ[京都府]なのに[南部]とは随分違います、笑。

そうですよね、いくら[日本三景]の一つでも[景色]と言うのは[10分]も見れば、大体の人は飽きてしまいます、
いくら[股のぞき]をしてもね。

[旅行好き]な[あなた]もそうでしょう、笑。

ちなみに、2泊3日の[コ−ス]でしたら、1日目の宿泊を[城崎温泉]辺りまで伸ばして、

2日目が、鳥取砂丘〜倉敷美観地区散策(大原美術館)〜岡山(泊)
3日目が、岡山後楽園〜姫路城(世界遺産)〜名神、中央道、

と言う[コ−ス]が設定出来ます、[元添乗員]は、こちらをお薦めします。
→ハハハ、実を言うと上記は7年前に私が妻と一緒に行った[コ−ス]です、!(^^)!

[天橋立]は私が3回目、妻も2回目でしたが、他の仲間は初めてで、天候にも恵まれた為か、皆さん満足していたようです。
でも、此処は[初めて]が良いのかも知れません。

→と言う事は2回は遠慮したい、と言うことです、笑。

でも初めて行った日が雨で[視界不良]だと最悪ですけどね、
これは[普段の行い]を良くする以外に方法はありません、だから私の知っている[長崎の人]は、多分いつ行っても[視界不良]でしょう、!(^^)!

そして[敦賀おさかな市場]ですが、此処の市場内の食べ物処(食堂街)は、その名の通り[海鮮丼]が美味しい所です、
でも[丼物]と言っても高級魚の盛り付けもあります、少し予算を多く見積すると[グルメ]が楽しめます、笑。

今回の旅行では伊根の舟屋で有名な[秘境丹後半島]がブリで栄えているのを初めて知りました、
ブリは[氷見]だけではなかった!!
これが今回の[ドライブ旅行]の収穫です、笑。

旅行費用も高速道路が[1,000円]だった事もあり、[ツア−価格]と同額程度で行って来れました。

→[ツア−]と言うのは色々の面で優遇されていて[価格]はかなり安く設定されています→まぁ、それが[魅力]なんですけど、笑。

個人で[ツア−コ−ス]を巡れば間違いなく[ツア−価格]より高くなります、これは[コ−ス]に[有料入場施設]が多い程、その[傾向]は強くなります。

どうですか[旅行好き]な[あなた]、

次回の旅行は[ツア−]にしますか?

それとも[費用]は掛かるけど、自由時間が取れる[ドライブ旅行]にしますか?

それはどちらでも[あなた]の勝手です、笑。


[地図]の秘密!! 海外編  (2010.11.9[Tue])

海外旅行の[必需品]と言えば、[あなた]は何が浮かびますか?

色々あるでしょうけど、あると便利なのが[地図]です。

国内旅行でも特に[ドライブ旅行]には[必需品]ですね。

最近の車は[カ−ナビ]の搭載車も多くなりましたが、全体を見て[コ−ス順]を決める時などは[地図]は便利です。


でも[旅行好き]な[あなた]、

地図は[100%正確]だと思っていませんか?
実は[地図]にはウソが[沢山]書いてあります。

→地図の[偽装]については、2008年07月24日の日記、[地図の秘密]を御覧下さい、よ〜く分かります、笑。


それはともかく、笑

海外旅行では、何処を探しても行こうとしている国の[地図]が無い事があります、
日本に住んでいると、[そんなバカな]と思うでしょうけど、本当なのです。

また[地図]はあっても、[実用]に使う大宿尺の地形図が整備されてない国も多いのが現実です。

日本や欧米では[地図]を完全に公開していて、簡単に入手出来るので、[地図]が無い国や公にしていない国があるなんて[あなた]は信じられないと思うでしょうけど、
未だ多くの国では[地図]は[国家機密]なのです。

[軍事施設]は何処にあるのか?、その配置はどうなっているのか?、それは[地図]を見れば一目瞭然です。

道路、鉄道、港湾、時には[橋]までが軍事的な[重要施設]になってしまうのです。

[アラブやアフリカ]などは、そうした情報を知る事が出来る[地図]は、[軍事機密]その物と言う扱いがなされています。

近隣の[アジア]でさえ、他国は日本ほど[オ−プン]には、なっていません。

たとえば近年問題が多発している[中国]でも解放政策は取っているものの[地図]は軍事機密にに関わる物として、厳重に管理されています。

→ほとんどの[軍事基地や軍事工場]の位置は隠されているし、[地図]の作成や出版、[インタ−ネット]での公開にも規制があります。


また、お隣の[韓国]でも同じ民族の[北朝鮮]と依然として[準戦時体制下]にある為、
[地図]の取り扱いには神経質になっています。

チョッと前までは国外への持ち出し禁止、複製(コピ−)も禁止の措置がとられていました、

現在では、だいぶ規制はゆるやかになっていますが、それでも[インタ−ネット]で公開されている都市部の拡大地図は[アクセス制限]が、掛けられていて、海外からは閲覧出来ません。

→道路地図は外国人でも現地(ソウル)で購入出来ますが、その[地図]には当然の事、[軍事施設周辺]は記載されていません、
これは韓国で、[あなた]も見た事があるでしょう、笑。

日本では[平和]が続いているためか、→平和ボケと言います。

そう言う感覚は、ありませんけど[国防]との観点から[地図]を[軍事機密]としている国は、未だ多く存在するのです。

[地図]を持っているだけで、

  [何に使うんだ?] 

と、怪しまれ、[スパイ容疑]で逮捕!!

などとならないように、海外では[地図]の扱いには十分注意して下さい、!(^^)!

[旅行好き]な[あなた]は、今度の海外旅行には[地図]を持って行きますか?

まぁ、持って行くのも、持って行かないのも、それは[あなた]の勝手です、笑。


[私が行ったツア−]の秘密!! 北海道編  (2010.11.1[Mon])

私ごとですが[北海道]に行って来ました。

コ−スは、

羽田空港〜たんちょう釧路空港〜網走〜天都山〜知床ウトロ温泉(泊)

ホテル〜オシンコシン滝〜国後展望閣〜野付半島、トドワラ〜納沙布岬〜根室

ホテル〜霧多布湿原〜厚岸〜釧路湿原〜たんちょう釧路空港〜羽田

久し振りに[紅葉の北海道]を堪能して[北方領土]を見て考えさせられた旅でした。

たんちょう鶴の姿や(残念ながら飛び立つ姿は見れませんでしたけど)、標津町(しべつちょう)の川では鮭の遡上(そじょう、この絶景はこの時期だけしか見れません、運もあります、笑)も見る事が出来ました。

そして定番の[網走刑務所、博物館]も見て入って[刑務所体験]をして来ました、
本物の網走刑務所も見て来ましたが、勿論そこには入って来ません、笑、

→余談ですけど、此処の刑務所博物館売店には[脱獄饅頭]や[出所祝い煎餅]、また時期的に売っていませんでしたが(もうじき冬の閉館)、[差し入れ羊羹]等の面白い名前の土産があります。

今回、私は[出所祝い煎餅]を買って来ました、1箱600円でしたけど勿論[シャレ]で受けねらいです、(^・^)

そして直線道路(真っ直ぐな道路)が[10km以上]も続く光景は、やはり[北海道]ならではですし、それも日本では[道東]でしか見れない風景と思います。

[北海道らしさ]を感じる[旅]には[元添乗員]は[道東]をお勧めします。
→北海道については、2009.6.16の[摩周湖の秘密]と、2010.2.22[霧の摩周湖の秘密]を御覧下さい、あれ、意外と少ないですね、頑張ります、(^^ゞ

また、[グルメ]では根室の[花咲カニ]→土産にも買って来ました、
や、厚岸(あっけし)町の[カキ]、尾岱沼(おだいとう)の[北海しまえび]を味わって来ました。

いや〜、景色と食べ物は満足しました、ただ同行した仲間が[野郎]ばかりと言うのが心残りでしたけど、笑。

また[北海道]には難しい地名、読めない地名が多いですけど、これから地名問題を[元添乗員]が出しますが[旅行好き]な[あなた]は幾つ読めますか?

標津と厚岸と尾岱沼は分かりましたよね、笑、それ以外に、

倶知安, 女満別, 比布, 美唄, 長万部, さぁ何と読みますか?

答えは、クッチャン メマンベツ ピップ(ご存知のエレキバン) ビバイ オシャマンベ です、(^・^)

そして今回の出発地は羽田空港でしたので、先日開港した[新タ-ミナル]を見て来ようと思ったのですけど、あそこは[国際線]です、
私達がいる[国内線]の場所からは車でも約10分掛かるので、今回は見学を諦めました、う〜ん、残念、笑。

所で今回、我々が乗った飛行機は日本航空システム(新JAL)でしたが、[旅行好き]な[あなた]はこの会社名に馴染みがありますか?

[あなた]が知っているのは日本航空(旧JAL)ではないですか?

2002年に日本航空と日本エア−システム(JAS)が経営統合して新しく出来たのが[日本航空システム(新JAL)]なのですが、ほとんどの人は、まだ[日本航空]と思っているようです。
→現に同行した仲間は誰も知りませんでした。

もともと旧JALは[国際線]では圧倒的な強さを見せていましたが、こと[国内線]においてはANA(全日空)の敵ではありませんでした。

[国際線]と言うのは国際紛争(イラク戦争やタイ紛争、等々)やSARS騒動(最近では[新型インフルエンザ]騒動が有名)、

などの影響をモロに受けやすく、経営的には大打撃を被ります、
世界中の、どの航空会社も同じで[国際線]のリスクは大きいのです。

そこで[JAS]と手を組んで国内線の勢力拡大に乗り出したのですけど、イマイチ新会社の知名度は低いですね。

ともあれ、これで日本の航空業界は、

[日本航空システム(新JAL)] と [ANA(全日空)]

の2強時代に入った事は事実です。

ただ、サ−ビス競争なら歓迎ですけど、狭い航空業界内で足の引っ張り合いをするよりは2社協力して[新幹線]などのライバルに対抗するよう願いたいですね、
それには[安全運行]が絶対的条件ですけど。

[旅行好き]な[あなた]の飛行機旅行は[新JAL]ですか?

それとも[ANA]を使いますか?

え〜、落ちる事のない[新幹線]ですか?

それはどちらでも[あなた]の勝手です、笑。


赤帽八木トラベル便[日記] Powered by HL-imgdiary Ver.3.03