2009年05月
[バスガイド]さんの秘密!!  (2009.5.27[Wed])

現在の旅行の交通手段の中で[観光バス]の役割りは、かなり大きなウェ-トを占めています、

しかも旅行参加人員が多いと、その[観光バス]を何十台と連ねて走る事になります、
私も添乗員時代には最高12台口を経験しています、

その場合、4号車は[寿号]と記す事になり、逆番で出発する事が多いですね、

→これは、ドライブイン等に到着した時に未到着号車が、すぐ分かる為です、
たとえば5号車まで着いていれば、あと4台が未到着とドライブインの人が、すぐ分かります!
順番出発だと何台口か分からないので永久に分かりません(^^)!

そして、このHPの別項の[旅の楽しさ教えます]の中でも紹介していますが、
[バス旅行]の良し悪しを感じる度合で言えば[バスガイド]さんの役割は大きいですよね!

だから、だから、願わくば自分の乗る観光バスのガイドさんは[美人]でありますように!!
と思っている人は[旅行好き]な[あなた]だけではないと思います、
男性は全員そう思っています!! 笑

本日は、そんな[観光バスガイド]さんの話しです!!
→意外な事に、この[日記]に[ガイド]さんの打ち明け話を、していなかったのですね、
この後も続編を書いて行きたいと思いますので、[乞うご期待]です、笑

自分が乗った[観光バスのガイドさん]が隣のバスのガイドさんより美人だったら

…もう、それだけで何か得したような気分になるのは、[あなた]だけではないと思います、笑
→男って馬鹿ですね!(^^)!

さて、その[バスガイド]さんの仕事ですけど、[観光案内]は勿論ですけど、退屈な車内で[歌を唄って]くれたり[ゲ-ム]したりで別段大した仕事はしていない!

と、思っていませんか、笑

所が此処で内情をバラシますが、あれでガイドさんの仕事は結構大変な[重労働]なんですよ、

[旅行]と言うと出発は早いですよね、

遠出の場合はAM5時とかAM6時の出発とか、そうなれば観光バスが車庫を出るのはAM3時やAM4時頃なのです、
→私も現役の時はそうでした、今考えると良く出来たなぁ、笑

まず最初の[ガイド]さんの仕事は、車庫を出発する前に[団体名のラベル入れ]から始まります、
そして車内の[ゴミをチェック]をして、座席前に[エチケット袋]を入れて回り、[飲料水]の補給をします、

そして、お客が乗り込んで出発したら、さっそく[あいさつ]をして[運転手の紹介]や
(最近では運転手が自分でマイクを握ってあいさつする事も多くなりました)
旅行に付いての注意事項を述べて、要所要所で[観光案内]をしつつ、お客が突然「トイレ!!」と叫べば予定を変更してトイレ休憩を取ったり、車酔いをした客の介抱など、

等等等、もうひとつ等、笑 本当に大変です、

バスの運行中は全員が[気分良く]乗車出来るように[臨機応変]に対応しなければなりませんから、[目配り気配り]を一瞬たりとも怠る事は出来ないのです!!

そして、目的地に着けば[客の先頭に立って歩き]、時には[声を張り上げ]、時間通りに全員がバスに戻るように配慮します、

時には出発時間になっても平気で売店の土産売り場にいる、けしからん[長崎の人]なんてのもいるから、たまりません!!

勿論、この仕事の一部は[添乗員]も請け負いますけど、笑

そんなバス旅行が、やっと終われば[つわものどもの夢の跡]の車内の清掃や乗降口のシ-トをブラシで水洗いをして終わります!!

どうですか、[高度な接客サ-ビス]と[ハ-ドな肉体労働]の数々、
こんな過酷な条件の元に[バスガイド]さんは働いているのです、
…あの笑顔の陰で!!

え〜、なんですか??
「最近のバスガイドさんは美人が少ない!!」ですって、

この答、私は[ノ-コメント!!]と、させて頂きます($・・)/~~~


[旅行通]な[あなた]、
[あなた]は[バスガイド]さんの仕事は大変だと思いますか?

それとも、全国をタダで旅行出来る[羨ましい仕事]だと思いますか?

それは[あなた]の勝手です、笑


[各地の名物]の秘密!!  (2009.5.24[Sun])

甲州は笹子の名物、[笹子餅]を、

[名物に美味い物あり、笹子餅!]と、名言を残したのは、我が国の某大臣でしたが、笑

この[名物に美味い物なし!]の言葉、

昔から[名物は聞くに名高く、食うに味なし]と言いまして、[各地の名物と言われる物には格別美味い物はない!]
と、言う意味なのだそうです、

→色々と、ご不満はあるでしょうけど、笑

[旅行通]な[あなた]も日本全国を旅しているでしょうけど、旅先で出された[名物料理]にガッカリした経験はあるでしょう?

全国を巡って来た[元添乗員]は、ハッキリ言って、あります!! でも、此処で言う訳にはいきません、笑
→観光地のガッカリ名所は前回の[多いぞ、ガッカリ名所]を御覧下さい、

それにしても、美味くない物が何故[名物]に、なるのでしょうか?
不思議だとは思いませんか?

それでは[名物]とは、いつ頃誕生して、何時から美味くなくなったのでしょうか(けっして、不味いとは言いません)

歴史を紐解くと→って、それ程の物ではありませんが!(^^)!

室町時代には[昔よりの名物十団子]
→十団子(とおだんご)は静岡県の宇津谷(うつのや)峠の名物です、

と、記されていますから[名物]と言う言葉は、歴史ある[筋金入り]の呼び方なんです!!

そして、江戸時代になると、旅が安全な物になり、多くの人が[旅行]を楽しむようになって来ました、

そうすると、日本各地に[名物]が次々に誕生することになります、

当時の五街道の一つである[東海道]、私の[第二の故郷]である静岡(駿河)を例に取ると、

駿河の安倍川宿の[安倍川餅]や、
松尾芭蕉が[梅若葉まりこの宿の、とろろ汁]と、詠んで有名になった[丸子の、とろろ汁] 等等、

あちこちに[〇〇だんご]だの[〇〇餅]あるいは[〇〇まんじゅう]、もう見境なく[名物]が生まれたのです!

だけど、いつの世にも[ヒット商品]には[二番煎じ]は付き物ですね、
この[名物]も[追随品]が増えるとともに、似たり寄ったりになり、[地域色]は薄れていったのです、

まぁ、現在は横着な時代です、
旅に出掛けなくても、家に居て日本全国の[名物]が手に入ります、

でも[旅行通]な[あなた]、[あなた]は、こんな横着はしていませんよね、笑

当然、現地に出掛けて[土産]として買って来ていますよね、

でも、その[名物]を美味いと思うかどうかは[あなた]次第です!(^^)!


[飛行機]の秘密!! ユ−モア編  (2009.5.22[Fri])

日本全国を見回して見ても、余程の[天の邪鬼]でもない限り、[旅行]は、嫌いだ!!

と、言う人は、まず、いないと思いますが、笑

でも[旅行]は好きだけど[飛行機]は大嫌いだ!
と、言う人は多いですよね!!

え〜、[旅行好き]な[あなた]も飛行機は嫌いですか、笑

こう言う人達は間違いなく、こう言います!!


「あんなに大きい鉄の塊が空を飛ぶ訳がない!!」 と、笑

[あなた]に限らず、[飛行機嫌い]を自認する人は、
その種の[深層心理]が有ると言います!!

→しかし、考えても見て下さい、
航空機事故に見舞われる確率はジャンボ宝くじに当選するより低い! と言う現実を!!

私も[添乗員]時代に、
この種の疑問を、お客様から[何回も、何回も]質問されました、

→[この種の疑問は航空会社かパイロットに聞け!!] 

と、言う言葉を何回も飲み込んで、笑

でも、[元添乗員]は勉強しました、

何も分からない、お客様の[あなた]の為に!!


それは、次に紹介する、簡単な[しくみ]を[旅行好き]な[あなた]が、少しでも理解できれば、
[飛行機嫌い]が緩和されて海外旅行を楽しむ事が出来きます!

と、思いまして、笑

それは、チョッとしたポイントです、
これが分かれば[飛行機嫌い]は減ると思います、笑

それは、飛行機の[翼]に、あります!

各、飛行機会社は違っていても、

飛行機の[翼]は[上部は丸く膨らんだ流線型をしていますね]

これは、飛行機が滑走路で[スピ-ドを増せば増すほど]空気抵抗は強くなるけど、翼は流線型の為に、

[下部に比べ上部の方が空気の流れが速くなるのです]

これが、[揚力]と、呼ばれる物なのです!!

→結果、
[揚力の力が、その物体より強くなれば]その物体はフワリと宙に浮く事が出来るのです!!

たとえ350トンの重さがある、ジャンボジェット機でも、
[その重さより揚力があれば]、宙に浮く事が出来るのです!!

空に浮けば、こっちの物、笑

[平行巡航]ほど、安定している物体は無いのです!!

これで、分かりましたか?

飛行機が空を飛べる一番の理由は[翼]なのです!!

此処まで説明をしても、[飛行機嫌い]の[旅行好き]な人は現実に存在します!!

それでは、そんな[飛行機嫌い]の[あなた]の為に、昔からのブラックジョ-クを二つ教えましょう!!


「オ-イ!飛んだ、飛んだぞ!! 下を見て見ろよ! 人が蟻のように見えるぞ!!」

そこに、スチュワ-デスが、一言!!

「お客様! 当機は、まだ離陸していません!! あれは本物の蟻です! 笑」

ハハハ、もう一つ行こう!!


ハイジャック犯がパイロットに向って、

「オイ!この飛行機は乗っ取った!! 進路をロンドンに向けろ!!」

[オイ、オイ、落ち着いて聞け! この飛行機は、ロンドン行きだ!!] 笑

[飛行機嫌い]の[あなた]は、このジ-ョクで笑えましたか?


[旅行は好き]、でも、[旅行機は嫌い]な[あなた]!!

笑えても、笑えなくても、[あなた]は飛行機で旅行しますか?

それとも、人身事故はゼロの[新幹線]にしますか?
→新幹線の色々は前回の[新幹線の秘密]を御覧下さい、


[飛行機]でも[新幹線]でも、それは[あなた]次第です、笑


[一流シティホテル]の秘密!! 忘れ物編  (2009.5.19[Tue])

[旅行会社]と言うのは、[観光バス]と[ホテル]とは、切っても切れない、深〜い関係にあります!!

これは、[旅行会社]の仕事が[斡旋業]である為に、避けては通れない[宿命]にあるのです!笑

と、言う事は[旅行会社]の仕事は、

→[斡旋業]だから[電話と机]があれば出来る簡単な業種なのかな? 
と、疑問を持った[あなた]→正解です!

[旅行会社]には、何も高価な[機械]や、難しい[コンビュ-タ-]などの設備は要らないのです、笑

その[旅行会社]と[深い関係、笑]にある[ホテル]ですが、
一般には[観光ホテル]と[ビジネスホテル]それに[シティホテル]に分類されます、

この分類では、[旅館]は観光ホテル(1泊2食付)に属します、
長崎の人が好きな[ラブホテル]は論外です、!(^^)!

本日は、その中で[シティホテル] 
それも[旅行通]な[あなた]が好きな[一流シティホテル]にスポットを当てましょう、

たとえば[旅行通]な[あなた]が、長崎の田舎の人が羨ましがるような、東京の[一流シティホテル]に宿泊したと致しましょう!(^^)!

そして、帰宅してから何か部屋に[忘れ物]をした、としましょう、

部屋に忘れた来た事は100%間違いないし、フロントには本名で現住所を書いて来たから、ホテルから連絡が来るのを待って見るか、

[旅行通]な[あなた]!!
[あなた]は間違っても、こんな考えをしていないでしょうね?

宿泊した[シティホテル]は一流だから[忘れ物]があったら、親切に連絡をして来てくれる!当たり前の話しだろう!!

もし、[あなた]が、こう思っているなら[旅行通]ではありませんので、今すぐ[旅行通]を返上して下さい、笑

何故なら[一流シティホテル]は[御客様の忘れ物はお預かりするだけ!]が大原則だからです!!

[旅行通]でない[あなた]は「一流シティホテルともあろう所が、そんな気遣いもしないなんて、信じられな〜い!!」

と絶叫するかも知れませんね、笑

でも[シティホテル]と、言う所は
→[シティホテル]に限りません、ホテルは全部ですが、

[不特定多数]の人が出入りする場所です!

早い話しが[お客は色色]、[宿泊の目的や事情も色色]、[色々]なパタ-ンがあるのです、

たとえば[愛人同伴の不倫宿泊]などの時の利用者に、「忘れ物があります」などと、家族に連絡を取ってしまったら???

その一本の電話から家庭内は大騒ぎになって、[訴訟騒ぎ]に発展しかねません!
→そう言えば、その昔、[某高速警察隊]がスピ-ド違反の証拠としてオ-ビスで撮影した写真を家に郵送して[訴訟騒ぎ]になった事がありましたね、

こうなると、[小さな親切、大きなお世話!]になり、ただの[迷惑行為]になります!!
そうなれば、ホテル側は、そのお客様から、二度と利用してもらえません、

まさか、ホテルのフロントで[訳ありですか?]とか[忘れ物の際は、連絡してもいいですか?]などと確認する訳にもいきませんよね、笑

これが[観光ホテル]で[団体旅行]とか[パック旅行]とか[素性]が分かっている時は、[添乗員]に連絡がありますけど、笑

要は必要な[忘れ物]なら[あなた]から連絡をすればいいのです、
[一流シティホテル]→でなくても、ホテルは必ず丁寧に保管してくれていますから!

[旅行通]な[あなた]は当然[シティホテル]に宿泊する機会も多いでしょうから、くれぐれも[忘れ物]をしないように願います!!

[旅行通]な[あなた]、あなたがホテルに[忘れ物]をしてしまったら!
どうしますか?

都合の悪い宿泊なら自分から連絡した方が良いですよ、笑

まぁ、ホテルに連絡するも、しないも[あなた]の勝手です、笑


[観光地の自販機]の秘密!!  (2009.5.17[Sun])

コ-ヒ-缶やジュ-ス缶の自動販売機(通称、自販機)は、飲料メ-カ-は違っても、一般的には現在120円での販売価格が多いですよね、
これは[メ-カ-希望小売り価格]が120円に設定されているからです、

→でも、この自販機で販売している各飲料水の類(たぐい)は、何故、同一価格なのでしょうか???

当然の事ですが、
それぞれの飲料水は[製造原価]が違っているのにです!!

との疑問は長くなるので、近日公開予定の[続、自販機の秘密]に譲ります、
そこで、[自販機王国!日本]の話しを、しましょう、

それはさて置き、笑

最近の山梨では[ハッピ-ドリンクショップ]なる自販機を多く見掛けるようになりましたね、
此処は[価格が違う、複数台の自販機]を置き、[数台の駐車場スペ-ス]を確保するスタイルが好評を博して、山梨県及び、その近県で売り上げを伸ばしています!

→他県の人で、このHPを御覧の方は、この[ハッピイ-ドリンクショップ]の存在は知らないと思いますが、

[複数台の自販機]と[数台の駐車場のスペ-ス確保]のスタイルは今後、会社名は違っても全国に拡大して行くものと思われます、

前置きが長くなりましたが、今回は[市内の自販機]ではなくて、[観光地の自販機]の話しです、

[旅行好き]の[あなた]は、ウスウス感じていると思いますが、

[観光地の自販機]は、市内で販売している[通常価格]より、一般的に高いですよね、
まぁ、全国の観光地の、[全部が全部]とは言いませんけど、笑

私も添乗員時代に[観光ドライブイン]の経営者に[自販機の価格が高い訳]を聞いた事があります、

その観光地のドライブイン経営者が言うには、

自販機のコ-ヒ-缶やジュ-ス缶の定価は、あくまで[メ-カ-の希望小売り価格]で、
自販機等の小売り業者は、いくらで売ろうと(たとえ倍額でも)勝手なのだそうです!!

市内のスパ-なら3割引きで売れるかも知れないけど、山小屋で売ろうすれば[運送費]が掛かるだろうし、

我われ[観光ドライブイン]だって、運転手や添乗員さん達の[御礼]だって掛かるからねぇ、だって→(^^ゞ

え〜、観光ドライブインの自販機の飲料水の価格が高いのは観光バスの乗務員(運転手、添乗員、ガイド)のせいってか、笑

こんな高い観光地の自販機の飲料水!

[旅行好き]な[あなた]は買いますか?

まぁ、買うも買わないも、[あなた]の勝手です、笑


[駅弁]の秘密!! 続続編  (2009.5.14[Thu])

前回の[チップの秘密]は[ホテルのサ-ビス料の秘密]の続編の方が分かりやすい!との意見を頂きましたので、題名を変えました、
追加文もあるので、引き返して見て下さい、笑

それはさておき、笑 
[旅]の楽しみでもある[駅弁]の話しは、何回となく、このHPでも取り上げて来ましたが、今回は固有名刺で行きたいと思います、笑

それは駅弁業界で[駅弁の革命児]と言われた[峠の釜めし]です!
→日本の隅っこの長崎の人でも知っていますか? 教えて下さい、笑

群馬県と長野県の境にある[碓氷峠]、その群馬県寄りにあるのがJR横川駅です、
そこの駅で売って[一世を風靡]したのが駅弁の[峠の釜めし]なのです!

[旅行通]でない[あなた]も1度は食べた事があるでしょう、
なら、食べた事が無くても聞いた事はあるでしょう!(^^)!

知名度から言えば間違いなく駅弁業界の[ナンバ-ワン]だと思います、

食べた後の器は捨てる物! 

と言う[駅弁業界]の常識を覆した事は画期的な事でした!!!

私も幼い頃、その器に花を植えて、鉢にした覚えがあります、
[あなた]も、そうでしょう、笑

横川駅の駅弁屋さん、
その[荻野屋]が昭和33年に販売して、今でも人気のある[峠の釜めし]は、簡単に出来た[駅弁]ではありませんでした、
長い苦闘の歴史があったのです、

その当時の[荻野屋]の社長は[山梨]から、お嫁に来た[高見沢みね]さんと、言う人で、夫亡き後、[荻野屋4代目]で頑張っていた人です、

私は添乗員時代、[先代と同郷のよしみ]と言う事で、色々と[峠の釜めし]の秘話を聞く事が出来ました、!(^^)!

以後は、その時の話しです、

当時の横川駅の[駅弁]は、近くの高崎駅の[とりめし]と、軽井沢駅の[信州そば]と言う2つの[名物駅弁]とのライバル関係にありました、

しかし、地理的条件で間に挟まれた横川駅は苦戦を余儀なくされ、[さっぱり売れなかった]と言います、

そんな時に現れたのが、[益子焼のセ-ルスマン]でした、

[小さな益子焼の釜]を売ろうと、あっちこっち回ったけど、何処の駅弁屋でも相手にされず、最後に立ち寄った所が、この[荻野屋]だったのです、

この可愛いらしい[益子焼の釜]を見た4代目は[ピン!]と、くる物があったと言います、

その後、[峠の釜めし]の誕生に向けて試行錯誤を重ね、
→それは、半端ではない苦労をしたそうです!!!

その1つである、最大の難関でもあった[器の価格]をクリアして、いよいよ、やっと、[販売開始]が出来たのです!!

[峠]のネ-ミングは[碓井軍記]からヒントを得たと言います、

その後は、マスコミにも多々取り上げられ、人気は[うなぎ登り]
全国に[峠の釜めし]ブ-ムを巻き起こしたのは[旅行通]の[あなた]の知る所です、笑

以後、[峠の釜めし]は売れに売れ、[駅弁業界の革命児]とまで言われたのです!!

その時の社長の言葉です、

「いや〜!山梨の添乗員さん、私はあの時、売れ残りの益子焼を持って来たセ-ルスマンに感謝状を贈りたい心境ですよ」
 
[旅行好き]の[あなた]、
今、これを聞いて、横川駅に行っても販売していませんよ、笑

その後のJR特急電車はスピ-ドアップの為の[停車時間短縮]や[窓が開かない]、等の理由で横川駅だけではなくて、日本各地の駅売り[駅弁]は売れなくなりました!

と言うのは前回、話しました、覚えているでしょうね、笑

でも、ご安心下さい、
現在でも[荻野屋]は[おぎのやドライブイン]として、横川駅近くの[ドライブイン横川]や中央道の[諏訪IC店]と上信越道の[佐久IC店]他で、営業中です、
これも[時代の変化]、[時代の流れ]でしょうかね、笑

どうですか、[峠の釜めし]は!(^^)!
でも、けっして私は[荻野屋]の回し者ではありません、笑


長野、群馬方面にドライブして空腹時に、[峠の釜めし]を買うも買わないも[あなた]の勝手です!(^^)!


[ホテルのチップ]の秘密!! チップ続編  (2009.5.13[Wed])

本日は昨夜の[チップの秘密]の続きです、

[旅行好き]な[あなた]は仲居さんに[チップ]を上げようとして断られた事がありますか?

ないでしょう!(^^)!

そりゃあ、大金を無理やり仲居さんの着物の中に押し込み、
怪しい意図が見え見えの場合は、お断りする事もあるでしょうけど、
→こう言う、スケベ人間は長崎に多いようですけど、
ネ、長崎の人、笑

それ以外の[好意的なチップ]なら、喜んで受け取るのがマナ-になっています、

私に教えてくれた[某老舗観光ホテルの仲居さん]の話しでは、(これは最近の話しですよ、笑)

受け取る方にもマナ-があると言います、

正しくは[両手を使って丁寧に受け取り]
そこに 
「有り難く頂戴致します」の一言を必ず添えます! との事!

そして、その後の対応は?

この後はホテルによって多少の違いはあるようですけど、
その[老舗の観光ホテル]の場合は、

まず[受け取ったチップ]の扱いで、最大のタブ-事項は
[すぐ着物の胸元などにしまうこと] と
[その場で金額を確認すること] だそうです!!

まぁ、中身は気になるでしょうけど、その場で金額を確認する仲居さんなんて、いませんよね、
→[あなた]も、そう思いたいでしょう、笑

問題は胸元などに入れる事!
これは、貰った事が分かるように[手に持ったまま控え室に直行する!]
これが[大原則]なのだそうです! 何故か??

それは[領収書を発行]する為です、

え〜、[チップ]に[領収書]!!!
と[旅行]に[不慣れ]な人はビックリするかも知れませんね、笑
確かに、この[領収書]は、私が現役時代は考えられませんでした!!

しかし、この[チップに領収書]、最近では、だいぶ一般的になって来ました、
私も何回か経験しています!(^^)!

言わずと知れた事ですが、[領収書]は[確かに頂きました]の、
お印ですね、
→[チップ]に[領収書]とは意外に思うかも知れませんが、後々のトラブルを防ぐ意味でも[領収書]は役に立つのです、

[チップ]をくれたお客に、すぐ[領収書]を渡しておけば(朝フロントで渡される事もあります)
後で「あげた」「あげない」で、もめる事もないから、合理的な対応策と言えます、

その後、[チップ]は客室係全員(ホテルによってはフロントを含めたり、全従業員だったり)に与えられた[報酬]として保管され、後で均等に分けられます、

こうすれば、ある客室係だけ、身銭が多くなるといった偏りは避けられる訳です!!
→特別室等の高級の部屋を担当する係りの仲居さんは[チップ]を貰う確率や金額が高い!!と、言うことです、

しかし、まだホテルによっては[チップ]は個人の手柄として扱う所もあります、(旅館が多いですが)
その場合の[チップ]は当然、客室係の懐に入ります、

ただホテルは[個人よりチ-ム]としての立場を重んじる為、
[チップ]も[皆なの物]として分ける事が、今の日本の[観光ホテル]に浸透して、一般的と言えます!!

こう言った[チップ]に関するル-ルはやはり格式のある[老舗ホテル]ほど徹底しています、

つまり[チップ]に[領収書]を発行すると言うル-ルも[ホテルの格式]の現れと言えます!!

[旅行通]の[あなた]は[格式の高いホテル]に宿泊して[チップ]を渡しますか?

それとも[サ-ビス料]を払ってある!と割り切り[チップ]の支払いは拒否しますか?

それは[あなた]次第です、笑


[ホテル]の秘密!!チップ偏    (2009.5.12[Tue])

長かったGWも、やっと終わり、
→やっと、と言うのが実感です!!

非常に嬉しく思っています、え〜変わり者ですか?

いや、我々赤帽や運送業務に携わる者はGW期間の渋滞で、大迷惑を受けているんです、
それこそGWなんて[百害あって一利なし!]なんですよ!(^^)!

その辺がサラリ-マンの[あなた]??と違う所かな(^^ゞ

それはともかく、[旅行通]な[あなた]はサラリ-マンですか?
もしそうなら旅行も土曜日〜日曜日にしか行けませんね、
[旅行通]のサラリ-マンならGWが終わった翌週が旅行の[狙い目]ですよ、
→理由は前回言いましたよね、笑

今年なら16日と23日の土曜日です、
特に23日はGWで大金使い果たした上に、
[給料日前]だから→25日が給料日の会社が多い!!
普段の土曜日、日曜日に比べれば、空いていますよ!(^^)!

所で前回ホテルの[チップ]や[サ-ビス料]の話をしたら反響がありましたので、今回は、その続編の話しです、

前回、日本には昔
(と言っても日本で最初のホテルが出来たのが明治だから、それ以降)から[チップの習慣]が無いと言いましたが、

旅行で観光ホテル等に宿泊した時は客室係の仲居さんには[チップ]を渡す事はありますね、

→別に渡さなくてもいいんです、[サ-ビス料]を払っているのですから、
[サ-ビス料]については、前回の日記[ホテルのサ-ビス料の秘密]を御覧下さい、

それが[老舗旅館]だったら
[チップ]をいくらにするか?いつ渡すか?戸惑う事もありますよね?

勿論 [旅行通]な[あなた]は、そんな事はないと思いますけど、これは[旅行慣れ]していない人の為です、笑

そして、これは[元添乗員]が[某有名観光ホテル]の仲居さんから直接聞いた[チップ]の打ち明け話しです、
 
その仲居さん曰く、正式には??→正式かどうかは疑問です、笑
[チップ]にも2種類があるそうです、

1つは[手厚いサ-ビスをお願いしますよ!]との期待を込めて渡す、通称[パワ-チップ]と呼ばれる物、

もう1つが、帰り際に、それまでの感謝の意を込めて渡す[サンキュ-チップ]→これは[お年寄り]のお客様が圧倒的に多いようです、

いずれにしても、[チップ]と言うのは[期待度]や[感謝の度合]によって渡す物です、
 
そして、客室係には不意に渡される[チップ]に動揺しないように[チップ対策マニュアル]と言うのが多かれ少なかれ、あるようです、

少し話が長くなりましたので[チップ対策マニュアル]や[チップ]の領収書の話は次回に回します( ^^) _U~~

→上記の話しは[チップの秘密]と言うより[ホテルのサ-ビス料]の話しの[よもやま話し]になりますから、題名を変えさせて頂きます、
読者の皆様、ご忠告??  有難う御座います(^^♪


[ツア−コンダクタ−]の秘密!!続編  (2009.5.6[Wed])

添乗員→英語でツア-.コンダクタ-、略してツアコンと呼び方は色々ありますが、仕事は同じです、笑

前回の[近頃の添乗員事情]では内部事情を教えましたから、今回は外部事情の話しをしましょうか、

まぁ、会社のような団体旅行は厳密に言えば、ツア-ではないので[添乗員]と言った方が的確ですかね、笑

添乗員の仕事は、その任された旅行(ツア-含めて)を1人の脱落者も出さずに随行して、尚且つ、皆の[ノリ]を盛り上げる事!!
→早い話しが、[楽しい旅行]、[印象に残る旅行]、[お客様が喜ぶ旅行]の完遂である!!

もっとも、[旅行]は楽しい物だから、よほどの[失敗]がない限りは、[マズマズの楽しい旅行]になるハズなんですけどね、笑

それは、無事に終わって当たり前!!と言う、厳しい仕事の表れですけど、

[添乗員]と、言うのは言わば、オ-ケストラの指揮者(コンダクタ-)に例えられます、
だから[ツア-.コンダクタ-]と呼ばれるのです、
→[旅行通]の[あなた]は勿論知っていましたよね、笑

前回[近頃の添乗員事情]で話したように、現在は[添乗業務]を専門に請け負う会社があります、

この会社の社員(添乗員です)を評価するのは、その会社の上司ではありません、
ツア-に参加した[お客様]、つまり[あなた]なのです!!

[旅行好き]な[あなた]でなくても、1回位は旅行会社の主催するツア-に参加した事があるでしょう、
旅行の最後の時に、その旅行を評価する[調査用紙]が添乗員から配られますね、
あの用紙が添乗員の[命運]を握っているのです、笑

この調査で、いつもコンスタントに採点が良ければ代理店から[高評価]を受けます、
正社員なら[昇給]の対象になるし、準社員やフリ-の人なら[専属契約]を結んで貰えます、

それでは此処で[元添乗員]が[高評価]に繋がる裏技?を伝授しましょう、笑

旅行の参加者は[添乗員]の良し悪しを何処で見ていると思いますか?
なら[旅行通]の[あなた]は何を見てますか?

それは、その添乗員が[汗をかいているか、どうか]です!!!
ね、そうでしょう、笑

要するに、[汗は労働の証明!!] だからです!
[よく体を動かしているなぁ!]、[よく仕事をしているなぁ!]の証拠なのです!!

だから[要領のいい添乗員]なら冷房の入っている所でも[ハンカチ]で汗を拭いていたりして、笑
→これは、けっして経験談ではありません(^^ゞ

しかし、[無事に終わって当たり前]と言いますが、

バス、飛行機、電車等の交通機関の遅れでスケジュ-ルが狂ったり、
座席のオ-バ-ブッキング、飛行機の荷物が行方不明、盗難、忘れ物、病人の発生、等々のトラブルなんて日常茶飯事です、
→これは体験談です、笑

でも、こんな時に、[落ち着いて]いてはいけません!!

お客は、それを、けっして[頼もしい添乗員!!]だとは思わないからです、
逆に、[ずうずうしい奴!]と映って高評価は期待できません、

こんな時は、大汗かいて

[申し訳ありません、今連絡を取っています!!]
[申し訳ありません、私が何とか致しますから!]

などと対応すれば、[一生懸命仕事をしている添乗員!!]と思い、調査用紙には[同情票]も入って?
高評価になる事、間違いありません!! 笑

→重ねて言いますが、これは体験談ではありません(^^ゞ

どうですか、添乗員の仕事は?

日本中、いや、世界中を無料で旅行できますよ!!
→この言葉に騙される人が多いんだよね、笑

[旅行好き]の[あなた]は、こんな添乗員の仕事をどう思いますか?
1度はやりたい仕事ですか?
確かに女性には持てますよ、笑
→この事を詳しく知りたい方はHP[旅の楽しさ教えます]を御覧下さい!

でも、[勤務評価]をする人が直属の上司ではなくて[お客様]です、それも毎回、顔が違う[お客様]ですから、
気が抜けないと言うか、疲れますよね…笑

まぁ、それでも[添乗員]をやりたい、女性に持てたい!!
と言うのなら止めはしませんけど、笑

やるか、やらないか、それは[あなた]次第です、笑


[一流シティホテル]の秘密!! 帝国ホテル編  (2009.5.5[Tue])

[旅行好き]な[あなた]は旅行に出掛ける時は服装に気を付けますか?
[旅行通]だから普段着で行きますか、笑

でも不幸にも旅行中に衣服を汚してしまった場合はどうしますか、地元の洋服店で購入しますか?
でも旅行先が長崎のような田舎だった場合は、その洋服店もありませんよ!(^^)!

地方の観光ホテルでは無理かも知れませんが、あなたの宿泊が[シティホテル]だったらホテルの[ランドリ-サ-ビス]に出して見ましょう!

前回[東京外資系ホテルの秘密]で紹介した超一流ホテルなら文句なし、
→ちなみに帝国ホテルにはクリ-ニング専門店より上手な[シミ抜き]の名人がいました、知っていましたか?

この[帝国ホテル]の[シミ抜き]名人は出張の多いビジネスマンや外国人の間では有名だったので利用した人は多いのでは?

しかも、一般のクリ-ニング専門店では、シミ抜き料は別料金の所が多いのですが、一流のシティホテルは客から依頼されなくてもシミを見つけた時は全て処置をしてくれます、
それも生地に負担をかけないように薬剤はなるべく使わずに高圧の蒸気と空気圧で文字通り[生地からシミを抜く]のです、
→その分料金は割り高だったような気がしましたけど、笑

[旅行通]な[あなた]は勿論利用しましたよね? 

勿論、利用するもしないも[あなた]の勝手です、笑


[激安ツア−]の秘密!! 忠告編  (2009.5.3[Sun])

さぁGWも後半戦に突入しましたね、
[旅行好き]な[あなた]は何処に出掛けたのですか?

え〜、[旅行通]な[あなた]はGWを避けて[激安ツア-]で海外旅行ですか? いいですねぇ、羨ましいなぁ、笑

でも、チョッと待って下さい、

此処で[元添乗員]からの忠告があります、

前回の[激安ツア-の秘密]で教えようと思ったのですが、
[旅行好き]な[あなた]の喜んでる顔が浮かんで話しずらかった物ですから、笑

[激安ツア-]の場合、飛行機のエコノミ-クラスは仕方ないとしても別な問題があるのです、

それは[激安ツア-]で使用する[航空会社]です!!

国内の航空機メ-カ-なら問題はありませんけど、

外国の航空機なら、[もし、もしもです、万が一] 
飛行機事故に遭遇した場合の補償金額が問題なのです!!

何故なら外国航空会社から支払われる補償金額は、国によって天国と地獄の差があるからです、

日本の航空会社の場合は、国内線は1982年に、国際線でも1992年に[補償金の限度額]を撤廃しています、
これは画期的なことなのです!!

その上、独自の基準を加みして算出されるので、働き盛りの人なら1億円以上になる事も多いのですが、
これが外国になると…

たとえばアジアやアフリカ諸国(の一部と言っておきます)では航空会社から支払われる金額は約2万$(270万円)が限度なんです!

[旅行好き]な[あなた]には信じられない金額だと思いますが、これが現実なのです、
これは1955年に制定した[ハ-グ議定書]に沿った物なのです、
→1955年と言えば私がまだ2歳ですから貨幣価値が違うのは当然の話しです、

それなら欧米の航空会社はどうでしょうか?

此処もアジアやアフリカ諸国よりかは少しはマシですが、
日本円に換算すれば1


[ホテル]の秘密!!サ-ビス料偏   (2009.5.1[Fri])

このGWの期間は、各観光地のホテルは満室続きで、正に稼ぎ時ですね、頑張って下さい、笑

どうしてもGW期間でなければ休めない人は別ですけど、普通のサラリ-マンなら土日が休みでしょうから、本当はGW明けの土日が狙い目なのです、

GWに[お金]も[体力]も使い切った人達はGW明け位は休ませて!!

が、本音であり、事実GW明けは何処の観光地も比較的空いています!
そこを突くのが本当の[旅行通]です!!

そして観光が終わると温泉付きの[観光ホテル]に泊まる事になりますね、笑
大抵のホテルは[1泊2食]が基本で、地元の特産の料理が出ます、
→ホテルの料理に付いては、前回の[ホテルの秘密]をご覧下さい、

そして翌朝、会計になると[1泊2食]の料金の他に[サ-ビス料]なる物を請求されます、
→別に特別の[サ-ビス]など頼んだ覚えがなくてもです、笑

そして、それが一律10%となれば、[旅行好き]な[あなた]でなくても[なんで?]と、一言文句も言いたくなりますよね、笑

そもそも、この[サ-ビス料]とは、なんぞや?
本日は、その疑問に、お答えしましょう、笑

ホテル側から言うと、[サ-ビス料]は、それなりの根拠があると言います!

その理由は、日本式の[サ-ビス料金制度]は、欧米の[チップ]の代わりだと言うのです!

海外旅行に慣れている人→つまり[旅行通]の[あ.な.た]の事です!笑

は、分かると思いますが、[チップと言うのは欧米では日常的な習慣]なのです、

ホテルの[ボーイ]に荷物を持ってもらったり、[コンシェルジュ]にレストランの予約を頼んだ時も、それなりの額の[チップ]を支払う(やる!のではありません)のは当たり前の[マナ-]なのです!

欧米で[チップ]は、ホテルで働く人達の[正当な収入源]なのですから!

しかし、我が国では昔から、[チップ]の習慣はなかった物だから、日本のホテルマンも貰わないのが普通だったのです、

そこで[チップの代わり]にホテルがまとめて[サ-ビス料]を取る事を思いついたのです!

この制度を世界で初めて採用したのは東京の[帝国ホテル]です!
→余談ですが、食べ放題の[バイキング方式]を日本で最初に取り入れたのも、この[帝国ホテル]です、
[バイキング]の秘密は近日公開予定です、乞うご期待、笑

[帝国ホテル]が開業したのは明治時代です、当時のお客は、ほとんど外国人でしたので、[チップ]は当然支払ってくれていました、

時が過ぎて、だんだん日本人の利用者も増えて来ましたが、日本人の利用者は[チップ]を支払ってくれません!
→そりゃぁ、[チップ]の習慣が無いんだから仕方ありませんよね、笑

そこで[帝国ホテル]ではチップの代わりに、当時の[チップ]の相場である宿泊料の10%を徴収したのです、

この[帝国ホテル]の[サ-ビス料金制度]が[東京オリンピック]の開催と同時に日本中のホテルに広まって行ったのです、

だから、観光ホテルに宿泊する[旅行好き]な[あなた]は仲居さんに[チップ]を支払う必要はないのです!!

どうせ翌朝、[サ-ビス料]を請求されるのですから!!笑

それでも、[あなた]は[チップ]を支払いますか?

それは[あなた]次第です( ^^) _U~~


赤帽八木トラベル便[日記] Powered by HL-imgdiary Ver.3.03