2008年12月
[旅行ガイドブック]の秘密!!  (2008.12.28[Sun])

6月の日誌[多いぞガッカリ名所]でも教えましたが、一般に出回っている[ガイドブック]に記載されている写真等は丸ごと信用しない方が無難です!

ガイドブックの取材記者だけでなく、我々だって、旅行先で写真を撮ろうとすれば、1番いい光景を撮りたいのは人情でしょう、笑

それは、観光ホテルや旅館が自分の所で作る[パンフレット]だって同じ事です、

そもそもホテルのパンフレットは[お客様へのご案内]が目的なのだから、
→1番眺めのいい部屋からの景色を撮影するだろうし、料理だって撮影用の特別料理で飾るのも無理からぬ話しですよね、

しかし、それが、パンフレットの写真説明に[別料金]と書いていない事が多いのです、
だから、自分で予約して宿泊したら、
部屋の作りも違うし料理も違う! と、トラブルの元になるのです、

これに対しての[元添乗員]からのアドバイスとしては、
観光地のホテルや旅館を選ぶ時のポイントは[写真]や[紹介文]ではないと言う事です、
重要なのは、小さな文字で書かれている[デ-タ部分]なのです!

たいていは囲み記事での体裁で、書いてあり、
交通の便から建物の規模、部屋数、温泉ならば、その効能、などをまとめている所です!

ここを見れば[くつろぎのひととき]との見出しなのに、実態は団体向きの温泉ホテルだったりするのが、一目瞭然で分かります、笑

付帯設備と合わせて、客室数等でこうした事実を見分けましょう、

そして元添乗員は知っています!!

大きな観光ホテルは付帯設備はそれなりに完備されていますが、料理の方は何百人も用意する為に、本当に[流れ作業の状態]で作っています、
→これって、側で見ていると、餌(エサ)に近い状態です、笑

だから、1番初めに作った団体さん用の刺身なんて、乾いていたり、天婦羅も勿論、冷え冷えしています、
最近では、さすがに[茶碗蒸し]だけは暖かい物が出されるようですが、笑

だから、私が家族旅行する時は大きなホテルには泊まりません、笑


う〜ん、今回の[秘密]は長くなりましたね、書ききれません、
この続きは次回パ-ト2でお話し致しましょう!(^^)!


[旅行会社]の秘密!!  (2008.12.26[Fri])

旅行好きなあなたは、旅行計画やホテルの手配を[旅行会社]に頼みますよね、

[元添乗員]と言う事もあり、今回は[旅行会社]の話をして見ましょう、
あなたの知らない[旅行会社]の中味を公開します、

でも、旅慣れていない人はエ-ジェントを頼むと手数料を取られて自分で手配するより高くなるんじゃないか?
と思っている人が多いようですが、これは完全に間違いです!

たとえば、あなた自身がAホテルへ予約をするのと、私が[旅行会社]に依頼してAホテルを予約するのでは、間違いなく私の方が安く泊まれます、笑

理由は多々ありまして話すと長くなるので、次回に譲りますが、

コツは[旅行会社]には自分の考えている予算より安く頼むことです、
→2万円の予算でしたら最初は1万2千円位で、頼みましょう、笑

観光地のホテルは当然の事ですが[観光シ-ズン]と[オフシ-ズン]そして[ウイ-クデ-]と[ウイ-クエンド]とで料金設定が違います!

観光客が押し寄せて宿泊客が見込める [観光シ-ズン]の[ウイ-クエンド]となれば多少は割高でも(本当に高いです)宿泊客は(いくらでも)いるからです、

さらに言えば[ウイ-クエンド]の宿泊客は1年を通じて、(オフシ-ズンでも)ある程度の確保が見込めますからね、

ホテルが頭を悩ますのは一気に宿泊客が帰る日曜日の夜なのです、
カレンダ-上では日曜なのですがホテル側から見れば完全にウイ-クデなのです、→だから当然、平日料金で泊まれます、

せっかくの旅行なのですから、月曜日は[有給休暇]を使ってホテルに安く泊まりましょう!!

それでは同じホテルに3万円で宿泊する人と2万円との人では何が違うのでしょうか、

一般には高い宿泊費で泊まれば[良い部屋で良い料理]だと思いますよね、
確かに間違いではありませんが…

実際に多少は広い部屋を用意してくれますが、それも2人で泊まるのでは無意味なのではありませんか?笑

それでも出される料理は違います、でも別に料理の数ではありません、
ホテルの料理は安く泊まっても高い宿泊費をだしても大体12品(皿)〜15品と決まっているのです、

高い客にはマグロのトロ部分の刺身が出ますが、安いと赤身の刺身になったり、テンプラの中味が違ったり、また高い客はエビのフライが出ますが、安い客はアジのフライに替わっているぐらいです、笑
→でも朝食は宿泊費が高い人も安い人も全員同じです!

昔は俗に言う[裏部屋]がありましたが、現在のホテルでは[裏部屋]と言う部屋はほとんどありません、
海辺のホテルは全室オ-シャンビュ-が普通です、

→裏部屋は元々、添乗員用の部屋でした、
それを団体客がいない(当然添乗員はいない、笑)観光シ-ズンや夏休みGW、年末年始にホテル側が[利益確保]の為に一般客を泊めてしまう事がありました、トラブルの元でした、
→宿泊客は不幸ですよね、海辺のホテルに来て窓を開けたら岩壁だった、笑


この位いの違いでも[あなた]は高い宿泊費で泊まりますか?

まぁ、高く泊まるも安く泊まるも、それは[あなた]次第です、笑


[新幹線の座席]の秘密!!  (2008.12.23[Tue])

前回の[新幹線の秘密]では座席の話しをしなかったので、今回は正月の帰省時期も近いので、
元添乗員が座席に座れる[裏技]を伝授します、笑

新幹線に限らず特急(急行も)電車の指定席を申し込んでも、
年末年始、GW、お盆の期間は勿論の事、旅行シ-ズンの3連休以上になれば中々取る事は難しいですよね、

[指定席]が取れない時は当然、[自由席]に行く事になりますが、ここだって簡単に座れる程、世の中、甘くはありませんよね、笑

で、結果は満席の車両の中、立ちっぱなし!!
→[下ネタ]ではありません、笑

こんな時には[自由席]に居てもダメ、戻って[指定席]に行きましょう!
そして[空席]を探して、あったら黙って座ってしまいましょう!
→ラッキィ-、ラッキィ-と思って、笑

検札の車掌が来たら[気分が悪かったから]とでも言って[指定料金]を払って正々堂々と座ってればいいのです、

→ただし当然の事ながら、その席に[本来の客]が来るまでですが、

これが新幹線[ひかり]なら東京もしくは新横浜を出た後の空席なら名古屋まで座れる事になります、
[ひかり]に限らず[特急]なら、かなりの時間を座っていられます、
→最低でも[次の駅]までは、

これが旅行シ-ズン真っ最中で指定席が取れない時は、

たとえば新幹線で広島で行く場合なら、東京→広島の全区間は当然取れません、ここであきらめるのは旅慣れていない人ですね、

旅行通の[あなた]はどうしますか?

そうです、区間を[区切る]のです、
東京→名古屋 名古屋→大阪 大阪→広島  

と、言うように、区切って空席がないか調べてもらいましょう、

[満席]と言われても、それは 東京→広島を通して空いている席が無い、と言う事で、
[区切れ]ば指定席を取れる可能性は大きいのです、

よ〜く覚えておきましょう!!

ただ、その都度、席を移動しなければなりませんが、
[座れる]のだから我慢しましょう、笑

そして、元添乗員が、もう1ッの[裏技]を教えます、

指定席のキャンセル待ちは手数料が高くなる[2日前]が狙い目です!!

キャンセル待ちで指定席をゲットするのには、この日が最適なのです、
時間さえあれば[みどりの窓口]に行って何回も確認する事です、
→数秒の遅れ(時には早さ)で取れない時もあるのです!

まぁ、[指定席]が取れるか、取れないかは普段の
[あなた]の行いが大事です、
日頃から行動には注意しましょう、笑

そうです、[指定席]が取れるか取れないかは、
日頃の[あなた]の善意の行い次第です!!

でも、いつも、このHPを見てニヤニヤしている[あなた]!!
[あなた]には取れないでしょうね(^^♪


[富士山]の秘密!!  (2008.12.21[Sun])

前回 [富士箱根伊豆国立公園]の話しが出たので、今日は日本一の名勝地であり最大の観光地である[富士山]の話しを致しましょう、

[富士山]には山梨県側から見る[表富士]と静岡県側の大崩が見にくい[裏富士]がありますね、笑

え〜、逆ですって?

そんなことあらへん、笑
山梨県人は山梨側の富士山が[日本一]と思ってます!!

まぁ、その昔[天気予報]でしたか、
太平洋側を[表日本]
日本海側を[裏日本]と呼んでいまして、やれ[差別]だの、じゃあ裏と表の[根拠]は何だ?
とかの議論が出て、結局、この呼び方は無くなりましたから、

[富士山]も、その議論は止めておきますか、笑

両県にとっては重要な[観光地]であり[観光資源]なのは間違いのない事実なのですから、

さて、それはさて置き、
その[富士山]ですが、両県の県境は何処でしょうか?
それは[国土地理院]の地図を見れば分かりますよね、笑

それでは、[富士山頂]は、どちらの県の物なのか分かりますか??

これは、旅行好きな[あなた]にも難問かも知れませんね、笑

文献をひも解くと、富士山頂については、その所有権を巡って古くから争いが繰り返されており、江戸時代には甲斐と駿河の間で時の幕府まで巻き込んだ争いがあったと言ってます、

元添乗員が知っているのは、昭和49年(1974年)に静岡県と山梨県、それに浅間神社の3者間で裁判が行われて、[浅間神社]の所有権が最高裁判決で認められた、と言う事実です!

結論は富士山頂は山梨県の物でも静岡県の物でもなく[富士山本宮浅間神社]の所有なのです!!

後日談ですが、平成16年に富士山8合目以上の土地約96%が、神社の[私有地]である事を認める文書が国と神社で取り交わされて、[一件落着]になり、名実ともに浅間神社の土地になりました!

だから、山頂は神社の奥宮で→飛び地で境内だと思って下さい、笑
長い登山道は神社への[参道]です、笑

ありがた〜い気持ちで登山すれば、何かいいことがあるかも知れません、

でも、旅行好きな[あなた]は富士登山する[勇気]かありますか?

現在では[富士登山]のツア-も人気があります、今年の登山客は過去最高の20万人を超えたと言っていましたね、

その昔みたいな、山小屋での[雑魚寝]のイメ-ジはないようです、
トイレも綺麗だとか、
その昔の富士登山のキャッチコピ-は[ハイヒルを履いて富士山へ!]でしたね、→今、これを言ったら事故続出ですね、笑

まぁ、登山するもしないも、[あなた]勝手です、笑


[自然公園]の秘密!!  (2008.12.20[Sat])

旅行好きな[あなた]は旅先で観光した際に[○○国立公園]とか[○○国定公園]の看板を見たことはありませんか?

まぁ、[お国]が推薦している人気の自然公園の観光地だろう!
ぐらいの認知しかないですか、笑

確かに国が認可している[お墨付き]には間違いありませんが、[国立公園]と[国定公園]の違いを[あなた]は、分かりますか?

[旅行通]な、あなたには簡単な問題でしたかね? 笑

どちらも[お国]が指定するのですが、
→国が立てるのと国が定める、のだから当たり前か、笑

[国立公園]は我が国(邦ですね、笑)を代表する[自然景勝地]で、[国定公園]は、それに準ずる物、となっています、

言わば優勝と準優勝みたいな物だから、笑
当然[国立公園]の方が上になりますね、

管理システムが
国立公園→国が管理  国定公園→都道府県が管理
に、なっています、

余談ですが、これは
一級河川→国  二級河川→都道府県
と、同じですね、

これ以外にも[都道府県立自然公園]もありますけど、これは当然、指定も管理も都道府県が行なっています、

今、元添乗員が頭に浮かぶ[国立公園]と言えば、

地元の[富士箱根伊豆国立公園]や[伊勢志摩国立公園]や[瀬戸内海国立公園]等かな、
現在その他に29公園が指定されています、

興味のある方は自分で調べて下さい、笑

[国定公園]では[蔵王国定公園]や[能登国定公園]や[奄美群島国定公園]等が有名ですが、
こちらは何と現在56公園もあります、

ちなみに[都道府県立自然公園]は、なな何と308公園もあります、笑

この全てを制覇するのは中々できませんが、
まぁ、いずれも[国]や[都道府県]が推薦する、お墨付きの景勝地ばかりです、

どうですか、旅行好きな[あなた]、次回の旅行では[国立]か[国定]かを調べて見ますか?

まぁ、調べるも、調べないのも、あなた次第です、笑


[海外旅行者]の名称の秘密!!  (2008.12.17[Wed])

最近、TV放映などを見ていますと、海外旅行などで日本人が事故等に合うと大手旅行会社やマスコミが[邦人]と呼ぶ事が多いのですね、だから、

邦→[日本]と思っている人が多いと思いますが、これは、あきらかな間違いです、

私が添乗員時代には[日本人]と言っていたのですけど、いつ頃からか[邦人]になってしまいましたね、笑

[邦]と言う漢字は元々[国]の意味なのです、
だからニュアンス的には[我が国]と言った方がピッタリします、

だから[邦人]は[我が国の人]と覚えましょう、

同意語で言えば[邦画]は[我が国の映画]ですね、笑

でも、[邦]と違って[和]と言う漢字は間違いなく[日本]を指している言葉です!!

たとえば[和室]と[洋室]で比較すれば一目瞭然ですよね、
関係ないですけど、私は和室派ですが、[あなた]は?笑

この他にも[和菓子]と[洋菓子] [和服]と[洋服]等々あります、

これらは全て[日本]その物を示しています!

一般的に[和]とは明らかに日本古来のもの、ちよっとオ-バ-に言えば日本伝統に適した物に使われる事が多いですから、
そこが[邦]と大きく違う所ですかね、

まぁ[邦]を使おうと[和]を使おうと[あなた]の勝手ですけど、笑


[日本三景]の秘密!!  (2008.12.16[Tue])

四方を海に囲まれている[島国ニッポン] !
だから景勝地と言うと海辺が多いのは仕方ない所ですよね、

その中でも、
松尾芭蕉の俳句で有名な宮城県の[松島]と、股のぞきで有名な京都府の[天の橋立]、それに厳島神社がある[安芸の宮島]の
3ツの名勝地を通称[日本三景]と呼んでいるのは、旅行好きな、あなたに取っては常識ですよね、笑

でも、その理由を知っていますか?

元添乗員が現地で何回も聞いたガイドさんの話しによりますと、

日本三景を選出したのは、江戸時代の儒学者[林羅山]の三男[林春斎]だそうです、

その[林春斎]が書いた[日本国事跡考]で

[丹後天橋立、陸奥松島、安芸宮島]を[日本三処奇観]として絶賛したのが最初だと言っていました、

ただ、何故この3ケ所が選ばれたのかは現在でも不明なのです、

共通しているのは、海に面した景勝地であること、松林が美しい場所であること、そして近くに由緒正しい神社仏閣が存在している事ですが…

[林春斎]は、数ある名所名跡を見て来ましたから、添乗員並みの、その肥えた目で、笑
それらの共通した3ケ所を選出したのでしょうか???

百人一首で詠まれた天の橋立!
芭蕉が絶賛した松島!
信仰厚い厳島神社を擁する宮島!

江戸時代の儒学者の目に映った頃と現在とでは、だいぶ周りの景色も違っているだろうけど、
これだけの年月を経ても、今もなお、日本三景として、人気を保っているのは大したものですよね、

え〜、別に人気投票で決めた訳ではないから認めないですか?
う〜ん、そう言われれば、笑

それは[あなた]次第です、笑


[時刻表]の秘密!!  (2008.12.13[Sat])

先日某テレビ局の放映で[時刻表検定]なる物が放映されていまして、ビックリしました!!

某旅行社にいて元添乗員を名乗っていましたが、勉強不足の為に、この[時刻表検定]は知りませんでした、

その放映によると[時刻表検定協会]なる物が1種、2種を認定していて、
第1種検定で、最高級が博士、次に1級〜2級になり、

第2種検定が3級〜5級まであるとの事です、
今年で何と14回目だとか、知らなかったなぁ、笑

肝心のレベルですが、博士は別格で、2級がプロとして一通りの仕事が出来る程度の知識、

最低の5級が時刻表にある一般知識を習い始めた位のレベルらしい、笑

[元添乗員]のプライド(それ程の物でも無いってか、笑)を賭けて私も3級か4級ぐらいを受けてみようかな、笑

それはともかく、旅行好きな[あなた]は当然[時刻表]は読めますよね?
→読めるではなくて、使いこなせるようになりたいですね、笑

しかし、一口に[時刻表]と言っても、500円位のポケット判から1,000円以上の大型判まで幅広くあります、

確かにポケットサイズは手頃ですが、情報量では決定的に劣ります、
旅行好きな[あなた]には大型サイズをお勧めします、

全国のJRや私鉄ダイヤは勿論の事、定期観光バスや路線バス、各私鉄の情報、特急電車の座席配列からJR主要駅のプラットホ-ム番線、
そして全国の観光ホテル、シティホテル(その格付けも)まで明記されていますから便利です、
→鉄道地図、最新情報、新幹線は[青いペ-ジ]
営業案内や主要駅案内は[赤いペ-ジ]
どちらも[要熟読]をお勧めします!

国鉄民営化以前の[時刻表]はJTB(日本交通公社)が独占発行をしていましたが、国鉄が民営化されてから、[JR時刻表]が参入して来て、現在はJTBとJRの2種類の時刻表があります!

まぁ、どちらも似たり寄ったりで、同じ値段で内容もほとんど同じです!

ただ[JR時刻表]の方は列車時刻が2色刷りしてありまして、

普通電車と快速電車は[黒色] 急行電車と特急電車は[赤色]
 
と色分けしてあり普通運賃で乗車出来るか、急行料金、特急料金が必要なのかが[一目瞭然]で分かりますから、その分便利かな、

でも、それよりも重要なのは、時刻表は最新号が[毎月発行]されています、
列車ダイヤや運賃に大きな改正が無くても、旅行する時は、その月の[最新号]を買って下さい、

JRには改正が無くても私鉄やロ-カルバスの時刻は変わっている事がありますから、

古い時刻表でスケジュルを組んで、地方の観光地を訪れて定期観光バスの時刻が変わっていて、てんやわんやの大騒ぎ!
な〜んて事もありますから、
→そうです[あなた]の予想通り、私の経験談です、笑

でも私のは、まだ良い方でして、友人は夏の時刻表で調べて冬の雪国を旅行したらバスが運休中だった!

と、大笑いの実話があります!

これ程ではなくても、特に注意したいのは春と秋の[ダイヤ改正号]と[運賃改定号]が大事です、
別に買わなくても立ち読みで調べておけば間違いありません、

それでは、元添乗員が内緒で教えます!

2月号を買っておけば、取り合えず3月から6月までの[春の臨時列車]が記載されています、

そして、2月,6月,9月.11月号を買えば[春夏秋冬]の臨時列車全部を把握出来ます!

また、旅先では[地方版の時刻表]と言う物もあります、

たとえば北海道では[JTB北海道時刻表]と[道内時刻表]とJRの[北海道ダイヤ]がありまして、
バスや私鉄のダイヤが詳しく記載されていて便利です、

時刻表だけでプランを作る[時刻表旅行]も結構人気がありますよ、
何より、お金が掛りませんからね、笑

でも、この[時刻表]も読み方、使い方が分からなければ無意味ですね、

[時刻表]を使いこなせない人は、今から勉強しますか?

まぁ、勉強するもしないも[あなた]次第ですけど、笑


[ホテル]の秘密!!天敵偏  (2008.12.11[Thu])

[ホテル]の秘密に関しては、この日記でも色々とお話しして来ましたが、今回は意外と知られていない、ホテル側から嫌われている、お客様のお話しです、

酔ってフロントに来る人や無賃宿泊者は論外としても、
意外や意外[常連客]が嫌われている、
現実の話しをしましょう、
→元添乗員ならではの裏話しです!

一般の人から見れば?の世界ですよね、笑

日本の某航空会社は各地にパイロットやスッチ-を泊める定宿を持っています、
地方都市では、まぁ一流と言われるAランクホテルを、大都市では1ランク落とした(落ちた)Bランクホテルが多いようですけど、

航空会社はクル-の人数は多いし連泊はあるし、オフ、シ-ズンも使ってくれるから、ホテル側から見れば上得意かと思いきや、意外や意外、そうでもないらしい、
いや、それ以上[不人気客NO1]とまで言っています、フロントが、笑

ホテル側から見れば上客も、航空会社から見れば、人数が多く連泊となれば、大きな出費になり経営にまで影響してきます、

当然、値引き交渉は激烈を極めますから、ホテルの儲けは、かなり小さくなる事になります、

その上、ホテル側から見れば、[割引で泊まってるくせに]何かとフロントに要求してくるらしい、
→お客は[割引で泊まっている]なんて意識は全然無し!笑

たとえば、深夜にチェックインして
[軽い食事をしたい]だの[早朝に食事を用意して]だの[クリ-ニングを頼みたい]と、言いたい放題!(らしい、笑)

そして[旅慣れ]してる分、ホテル内のレストランやバ-は使わずホテルにお金を落としてくれません、

だからホテル側からの仕返し?として、
シ-ツやタオル類は2日間は替えない(らしい、笑)

まぁ、ホテルだって[損]までして受けないだろうし、持ちつ持たれつ、だと思いますけどね、

旅行好きな[あなた]は観光地やビジネス訪問地に[定宿]を持っていますか?

まさか、ホテル側から嫌われていませんよね、笑

連泊したらシ-ツやタオルは替えてあるかチェックして見た方がいいかも知れませんよ、笑

まぁ、チェックするか、しないかは、あなた次第ですけど、笑


赤帽八木トラベル便[日記] Powered by HL-imgdiary Ver.3.03