建設の経緯

年 月 日 内           容  
大正 9年 県道甲府秩父線として認定(旧道路法(大正8年制定))
昭和25年 秩父多摩国立公園の指定         
昭和28年 二級国道140号(甲府・熊谷線) として認定(新道路法(昭和27年制定))
昭和30年 国立公園道路に指定             
昭和32年 山梨・埼玉両県による「甲府・熊谷線国道改修促進期成同盟会」の結成大会を東京で開催     
(以後、毎年東京で総会を開催し、陳情を繰り返す)   
昭和36年 埼玉県大滝村(現 埼玉県秩父市大滝)に二瀬ダムが完成し、埼玉県側の周辺整備が進む
昭和40年 一般国道140号に認定          
昭和43年 山梨・埼玉両県が計画路線に関する計画調査を実施          
昭和45年8月 山梨県三富村(現 山梨県山梨市三富)で広瀬ダムが起工され、山梨県側の周辺整備が進む        
昭和48年 自然環境保全のための指針を策定          
昭和50年 広瀬ダム完成          
昭和53年 埼玉県がアプローチ部の工事に着手          
建設省(現 国土交通省)が調査計画(自然環境調査、地表地質調査、路線検討、トンネルの構造、換気方法)を開始
昭和57年 山梨県がアプロ−チ部の工事に着手          
新規トンネルの延長を6.6kmとしたルート選定を行い、それぞれのルートについて概略設計を実施                       
昭和59年 現在の雁坂峠ルートが承認される          
昭和60年 建設省(現 国土交通省)が権限代行事業に着手          
トンネル延長を6625mに決定                
昭和63年 用地取得、保安林解除申請、環境庁(現 環境省)協議が完了          
平成 元年 2月 9日 避難坑(山梨側)掘削着手          
平成 元年 3月17日 本坑(山梨側)掘削着手          
平成 4年 1月16日 避難坑(埼玉側)掘削着手          
平成 4年 1月22日 本坑(埼玉側)掘削着手          
平成 4年 6月25日 本坑(山梨側)貫通予定点に到達          
平成 5年 3月25日 ズリ搬出坑貫通          
平成 5年 6月 1日 山梨県道路公社設立          
平成 5年 6月27日 地下換気所においてクラッシックコンサート「モグラの音楽会」を開催          
平成 6年 5月12日 避難坑貫通          
平成 6年 9月21日 本坑貫通式          
平成 8年 9月20日 有料道路事業認可          
平成10年 4月23日 雁坂トンネル有料道路開通式、同日供用開始          
(埼玉県大滝村(現 埼玉県秩父市大滝)内で道幅が狭いため大型車の通行が不可 )                       
平成10年10月 3日 大滝道路が開通し、大型車の通行を開始          

このページへのリンクについて

雁坂トンネルホームページのこのページ「雁坂トンネル建設の経緯」は、リンクフリーです。
リンクいただける方は、このページのホームページURLをコピーして、テキストリンクとして貴ホームページに貼りつけてご使用ください。